人生設計は一人で出来ます。でもね…。

取扱説明書

●自分の人生について、考えてみたことありますか?

自分の人生について、考えてみよう。』と思ったとき、”人生”って言葉がついただけで『難しそうだな…。』とか『そんなのできっこないよ…。』と思うことありませんか?

人生を考えるのって案外カンタンなんです。多くのひとが自分と向き合う時間を作りたがらない、あるいは時間を作ろうとしないから”自分の人生”をふんわりと想像するだけで、気付いたら時間切れになってしまうんです。勝手に人生設計が難しいと思い込んで何もしない。もったいないですよね。

じゃあ具体的にどうすれば人生設計ができるのか。

それは、

  • 人生のゴールを決める
  • 身近なことから考える
  • お金のことは後回しでいい

この3つです。

 

●人生のゴールを決める

人生について考えるうえで、まず必要なのは『人生のゴールを決めること』です。言い換えると、『あなたがどんな人生で終わりたいのか』ということです。そうすることで、自分が理想とするゴールを迎えるため、どういう道順で歩いていけば良いのかという地図も設計することができます。自分の人生を逆算すると、いつ、どれだけお金が必要かも確認することができるんです。

●身近なことから考える

『人生』という言うと、スケールが大きすぎてはっきりとイメージできないかもしれません。

そこで私がおススメする方法は『自分の身近なことから考える』ことです。これは、やりたいことを100個考えたり、もしも一億円使えるとしたら何に使うか一ヶ月好きに使える時間があったらどうするか。などなど、家族や友人とお互いに質問をして自分の人生・生き方について考えてみるのもいいかもしれませんね。ちなみに、『やりたいこと100リスト』などは手帳のオマケページに付いていることがあるので、活用すると良いです。

●お金のことは後回しでいい

自分の人生について考えるとき、お金のことは一度忘れて良いと思います。例えば、60歳で仕事をリタイアして田舎で農業をして細々と暮らすんだ!という目標を立てたとします。このときに貯金がいくら必要で、今住んでいる家はどうするのかなどを考えるのは、実は後でいいんですよね。というのは、”お金が用意できないからやっぱりや~めた!”みたいなことを考えるんじゃなくて、”そのためのお金を用意するためにはどうすればいいのか”という考え方をしてほしいからなんです。

叶えたい夢があるのに、どうやってお金を準備すればいいのか分からない。そんなときはFPの出番です。

あなたの夢プランをカタチにするためのお手伝いをさせていただきます。


手帳を使って人生設計をしたい方は→【こちら】【チラシ

お金と心の関係について知りたい方は→こちら】【チラシ

ご相談は→【こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です