【知っててよかったお金の話】奨学金制度のしくみ

経済的に困難な状況にある低所得の生徒に対して、大学等への進学を後押しすることを目的として、日本学生支援機構が平成29年度から『給付型奨学金制度』を創設しました。

奨学金には『第一種奨学金(無利子)』と『第二種奨学金(有利子)』のものがあります。

●第一種奨学金

第一種奨学金を借りられる要件は、”優秀な成績基準であることに加え、家庭の経済状況が厳しい家庭であること”が必要だったんですね。平成29年から制度が見直され、(経済状況によっては)成績が優秀かどうかを問わずに第一種奨学金を借りることができます。

具体的な要件は以下のとおりです。

申込者の生計を維持する父母等(2人いる場合は2人とも)が住民税非課税であって、以下のいずれかに該当するとして学校長の推薦を得られる方
(1)特定の分野において特に優れた資質能力を有し、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること
(2)進学先の学校における学修に意欲があり、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること

※日本学生支援機構HPより

家庭の経済状況に余裕のある人は、

  • 高等学校又は専修学校高等課程の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上

という要件が加わります。また、大学進学の場合に借りられる金額は以下のとおりです。

【国公立・自宅通学の場合】月額30,000円または45,000円
【国公立・自宅外通学の場合】月額30,000円または51,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。
【私立・自宅通学の場合】月額30,000円または54,000円
【私立・自宅外通学の場合】月額30,000円または64,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。

※日本学生支援機構HPより

大学へ進学する際に奨学金を利用するのであればけっこうな金額を借りることになるので、できれば第一種奨学金を利用したいですね。

 

●第二種奨学金

私自身も奨学金を利用して大学へ進学しましたけど、第一種奨学金での成績基準が足りず第二種奨学金を利用しました。第二種奨学金を借りられる要件は、

第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された人に貸与します。

※日本学生支援機構HPより

とのことです(ゆるやかなって、、)。明確な基準はないようですが、返済能力さえ認められれば基本的には貸与を受けることができます。ただし、年3%を上限に利息がかかるので注意が必要です(利息は毎年改定が行われ、平成29年現在の基本月額部分の利息は0.23%)。

大学進学の場合に借りられる金額は以下のとおりです。

月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円または120,000円

●第一種奨学金と第二種奨学金の併用

第一種奨学金と第二種奨学金を併用して借りることもできます。一部の金額に対しては無利子で貸与を受けることができるので利息を抑えることが可能です。

●給付型奨学金制度

今年から始まった新たな奨学金制度です。給付型奨学金制度を受けるための要件は以下のとおりです。

○家計基準
・家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)が住民税(所得割)非課税であること
・生活保護受給世帯であること
・児童養護施設退所者等の社会的養護が必要な人は18歳時点で施設等に入所等していたこと

○学力・資質基準
【住民税非課税世帯・生活保護受給世帯の人】
・高等学校等在学時に各学校の教育目標に照らして十分に満足できる高い学習成績を収めていること〔高等学校等における学習成績の評価(調査書の学校成績概評)が「A」の人を指します〕
【社会的養護が必要な人】
次のいずれかに該当すること
・特定の分野において特に優れた資質能力を有し、大学等への進学後、特に優れた学習成績を収める見込みがあること
・大学等における学修に意欲があり、大学等への進学後、特に優れた学習成績を収める見込みがあること

※日本学生支援機構HPより

給付型奨学金は、”貸与ではなく、給付である”ことが特徴です。なので、学業成績の判定基準がけっこう厳しいですよね。それに、給付型奨学金制度を受けることができたとしても不真面目な学生さんには厳しいペナルティーを科せられる場合があるんです。せっかく奨学金の給付を受けるんだったら真面目に学校へ通ってくださいね!

学業成績が著しく不振、停学等の学校処分等により交付が打ち切られた場合、交付済みの奨学金について返還を求める場合があります。

※日本学生支援機構HPより

給付型奨学金の給付月額は以下のとおりです。

【国公立】3万円

【私立】4万円

※日本学生支援機構HPより

images

平成29年度より貸与型奨学金と給付型奨学金のうちどちらか、あるいは両方を選択できるようになったことで経済的な理由で大学等への進学をあきらめていた人が学べるような環境づくりが整ってきました。進学時の資金調達の選択肢として奨学金を利用してみるのはいかがでしょうか。